スーツ生誕350周年

RicaRico 店長ブログ

 

こんにちは。
京都 北山 RicaRicoです。

今週は晴れの日が続きますね。
昨日の定休日は、お天気に誘われておでかけしました。

 

なんと2016年今年は、メンズスーツの生誕350周年にあたるそうなのです。
それを記念した「半・分解展」という展示会へ行ってきました。

 

IMG_0333

初めて女坂と言われている京女さんの坂を登りたどり着いたのがすてきな会館。

 

IMG_0342

 

半分解展というのは、その名の通り、お洋服の半分を分解して中身が見られるというもの。

例えば・・・

IMG_0348

この写真のジャケット。

IMG_0349

 

分解すると、こんな形になるわけです。

 

他にも・・・

IMG_0347

 

このジャケットを分解すると・・

IMG_0346

 

こんな形になっていたり・・・
ただ単なる貴族のお洋服だけでなく、消防服でさえもきちんと仕立てられていて驚きでした。

 

私は学校で洋裁を習ったわけでもなく・・・
デザインを勉強したわけでもなく、実践教育で身に着けてきましたが、
こんな形で見せていただくと、お洋服の仕立てられ方がとっても良く分かります。

 

そんな私がとっても気になったのがこのジャケット

 

IMG_0356

IMG_0355

型のカーブに施された、とても丁寧な始末であったり。。。

IMG_0353

 

IMG_0354

小さな小物に至るまでの丁寧な作業が目にとるように分かります。

こんなに丁寧に作られたお洋服。
きっと大切に守り続けられていたのでしょうね。

 

私のお洋服も、こんな風に丁寧に、作り手の方の思いが込められているのでしょうね。
でも・・・反面とってもお安いファストファッションが流行していたりしていますが、
こんなに工程が必要なお洋服が、既成服とはいえなぜ?あんなお値段でできるのか??
それを製造するために、どこかで苦労している人はいないのだろうか?

なんてことを、考えさせられました。

 

RicaRicoでは、これまでもそしてこれからも
きちんと作り手さんの気持ちがこもった、丁寧なお洋服を・・・・
作った人も、それを着ている人も楽しくなれるお洋服をご提供したいと改めて心に誓ったのでした。

 

 

 

この記事を書いた人

Yuki
Yuki
仕事するなら楽しまないと!とアパレルの世界へ。お客様から「この間買った○○みんなに褒められたよ。」「勧めてくれたコレ気に入ってよく着てます。」「RicaRicoさんで買ったお洋服着る時はウキウキするの」と言っていただける事が一番嬉しい時。一人でも多くのお客様から最高の一言をお伺いできるように、個々に合った10歳若返るコーディネートをご提案します。初対面でお会いすると大人しそうねと言われますが、実は旅行に、ドライブ、食べ歩きにスポーツが大好き!と活発な私。ご来店の際はお気軽にお声掛けください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
2016-10-19 | Posted in RicaRico 店長ブログ | Comments Closed

Related Posts