「水無月」を食べる日。

RicaRico 店長ブログ

 

こんにちは。京都 北山 RicaRicoです。

 

今日から7月。
今年も後半戦に入りました!
後半もどうぞ宜しくお願いします^^

 

昨日、6月30日。
京都では「水無月」という和菓子を食べる日です。

01-300

実は・・・私も6月に水無月を食べるという事は知っていましたが何故食べるのか?とか
これが京都だけの風習だって知らなかったんです!

それもそのはず、水無月作ったよ~と写真と共に東京の大好きな先輩にメールしたら、
「水無月」って何?見たことない!!って言われまして・・・
ちょっと調べてみることにしました。

 

水無月を食べる意味

京都では1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。
この「夏越祓」に用いられるのが、6月の和菓子の代表ともいうべき「水無月」。
水無月は白の外郎生地に小豆をのせ、三角形に包丁された菓子ですが、それぞれに意味がこめられています。
水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。

 

こんな意味があったんですね~
私も今日まで全く知りませんでした。

 

そしてそんな意味を知らずに・・・丁度昨日6月30日に、初挑戦で水無月を作ってみました!!

 

水無月の作り方

用意するものは・・・

IMG_2036

白玉粉・小麦粉・本葛粉・砂糖(今回は黒糖にしました)・小豆・お水。

これを混ぜ合わせて、型に入れて蒸すこと15分

IMG_2038

 

出来上がりで~す。

型から外してみると・・・

IMG_2044ちょっと失敗。

粉の方さ(水の量)加減が難しいようです。

 
決して、すっごく美味しいとは言えないのかも???知れませんが(笑)
京都にお住まいでない皆様も、こんな意味のある和菓子「水無月」を一度食べてみませんか?

 

 

 

この記事を書いた人

Yuki
Yuki
仕事するなら楽しまないと!とアパレルの世界へ。お客様から「この間買った○○みんなに褒められたよ。」「勧めてくれたコレ気に入ってよく着てます。」「RicaRicoさんで買ったお洋服着る時はウキウキするの」と言っていただける事が一番嬉しい時。一人でも多くのお客様から最高の一言をお伺いできるように、個々に合った10歳若返るコーディネートをご提案します。初対面でお会いすると大人しそうねと言われますが、実は旅行に、ドライブ、食べ歩きにスポーツが大好き!と活発な私。ご来店の際はお気軽にお声掛けください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
2015-07-01 | Posted in RicaRico 店長ブログ | Comments Closed

Related Posts