天皇陛下を拝見し、”装う”事について感じたこと

RicaRico 店長ブログ, お洋服のワンポイントアドバイス

 

こんにちは。
京都 北山 RicaRicoです。

 

昨日のお休みは、お客様のY様にお誘い頂いて
上賀茂神社へお越しになる、天皇陛下と皇后さまを拝見に行ってまいりました。

天皇陛下と皇后さまを拝するのは、数年前にお車の中のお姿を、
そして子供の頃に軽井沢でご家族でテニスをされているのを拝していらいです。

雨の降る中、並ぶこと数時間。
並び始めたころは大雨でしたが、徐々に雨もやみご到着される頃には晴れ間が見え素晴らしいお天気に。

 

 

IMG_0450

まずはお車の中の天皇陛下、皇后さまを拝見。

 

IMG_0455

IMG_0462

 

IMG_0465

特等席という訳では行きませんでしたが、なんとかお歩きになるお姿を拝見することができました。

仲睦まじく、優しいお姿は感動的でした。

 

IMG_0474

なんとか最後までお見送りさせて頂くことができたのですが・・・

 

気になったのは、ご招待の方たちの服装。
やはり、この場合「天皇陛下へ敬意を表す服装」が必要だと思いました。

 

IMG_0469

男性は勿論スーツ。
女性は御着物、もしくはスーツ、場面によってはドレスが好ましく感じます。

またお洋服姿の女性の方は、御着物に準ずるという意味では、こういった場合ロングスカートが好ましいかもしれません。

私も参列させて頂くという事で、そこまで正装ではありませんでしたが
黒のワンピース姿で拝見させて頂きました。

 

服装は、ただお洋服を着る、自分の為に装うだけのものではなく、
相手に対する敬意を表すものなんだと改めて感じた1日でした。

 

とても貴重な体験を有難うございました。

 

 

 

この記事を書いた人

Yuki
Yuki
仕事するなら楽しまないと!とアパレルの世界へ。お客様から「この間買った○○みんなに褒められたよ。」「勧めてくれたコレ気に入ってよく着てます。」「RicaRicoさんで買ったお洋服着る時はウキウキするの」と言っていただける事が一番嬉しい時。一人でも多くのお客様から最高の一言をお伺いできるように、個々に合った10歳若返るコーディネートをご提案します。初対面でお会いすると大人しそうねと言われますが、実は旅行に、ドライブ、食べ歩きにスポーツが大好き!と活発な私。ご来店の際はお気軽にお声掛けください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Related Posts